今と出会う


過去・現在・未来 が時間軸となり、わたしたちの認識は

この3つがあって『わたし』という存在を位置付けている


しかし、この『3つの軸が重なり1となる時』が.ある



プラーナーヤーマー



プラーナーヤーマーとは、

プラーナー = 生命エネルギー

ヤーマー = コントロール

という意味で、日本語で言うと

「呼吸法・調気法」と云われている


この呼吸法というのは、実はアーサナ

(体位法・ヨガポーズ)よりもハードであり、

かなりのインナーワーク(内なる仕事)そして自分と向きあうツールとなる



’吸う・吐く’ この間には止息があって息を吸ったあと 'アンタラクンバ'・吐いたあと 'バーヒャクンバカ' の2種類の止息があり これらのように意識的に止めようとするものは 'サヒタクンバカ' 呼気と吸気の間に自然に止まるものは 'ケーヴァラクンバカ'がある


特にこの 'ケーヴァラクンバカ'こそが『3つの軸が重なり1となる時』を体験することが多い

そこには ’ わたしとあなた' などの境界が一切無くなり思考が停止する



『今と出会う』


そしてその先には何があるのか



それはわたしたちが真の自己と向きあった時 はじめてその扉がひらかれて



そこから深い理解への旅がはじまる





©  B L I S S   W O R K O U T

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon