top of page
検索

Hand Healing Care teachers training course 2023


HEART HEALING TOUCH CARE

ハンドヒーリングタッチケア

2023年第4期 講師養成講座-


この脱コロナの時代に確実に生きる

-手に職をつけ・その手の魔法で人と自分自身を癒す-


呼吸法を取り入れたヒーリング効果を伴うタッチケアで、然な癒しのプロセスをサポートし、心身の緊張を解放します。 *この講座は認定講師・修了書付です。

 

[ 講座内容 ] 


1️⃣オンライン講座60分(録画あり) ・マッサージ基本理論、前腕のアナトミー解説 



2️⃣オンライン講座90分(録画あり)

鍼灸師による経絡について&ツボの取り方講座』

どんな人生軸(疾患をお持ち、妊娠中、産後、更年期、シニア)の方にも安全なツボの取り方講座を行います。

講師:鍼灸あんまマッサージ師 / 井上祥子(いのうえさちこ)



3️⃣対面講座(現地参加が不可の方はオンラインで受講)9:30-16:00(1h 休憩)

・メイン講座となります。手技の手順などを丁寧に行います。 (一般・シニア・マタニティの3種類の手技を勉強します)


『オイルハンドマッサージ(前腕*肘から下の施術)10分間のヒーリングハンドセラピー講座』

このヒーリングハンドケアは、現在、産科・婦人科の待合室で行われている施術となっています。



4️⃣オンライン講座90分(録画あり)

『元NHKアナウンサーが伝える、心と言葉をイコールにさせる方法論とワーク講座』

-アナウンサーは言葉を伝えるプロですが、相手の言葉を聞き出すプロでもある。伝えるプロが行き着いた他力ケアと自力ケアのススメ-


講師:レイキ・ヨガ講師 / 片山リナ https://mysore-toyama.com



5️⃣オンライン講座90分(録画あり)

『こころにふれる話の聴き方』講座

ハンドケアの施術中、どんな方がお見えになろうとあなたの姿勢は『やさしく聴くこと』


講師:臨床心理士・公認心理士 / 藪本 啓子(やぶもと けいこ)


5つ目の講座が修了しましたら3ヶ月間の

[アフターフォロー]期間があります。 -手技-

・月1回(30分) ・グループオンラインで手技練習会を開きます。


[テスト]

オンライン、もしくは対面での最終テストを行います。テストに合格をされた方から修了証の発行をします。所要時間はお一人15分程度です。



合格されましたら修了書がお手元に届き終了になります。

 

[申込方法]


こちらからメッセージをお願いします。 予約先 https://blissworkout.jp#contact

*必ず携帯電話番号をご記入ください。

 

[参加費]

48,000円


含まれるもの↓

・講座テキストPDF配布 ・オンライン講座のURL ・修了認定証発行

・事務手数料

・オンライン練習会(3ヶ月間)

*その後、定期的に練習会に参加されたい方は別途更新料が必要になります。 (2024年度から1年毎の更新となります *年10,000円)

 

《お支払い方法》


郵便局へのお支払いとなります。

❶下記のゆうちょのお支払い口座へお振込みください。

❷確認ができましたら領収書発行、詳細などをご連絡致します。


ゆうちょ銀行 : 鳴海支店 089

口座番号 : 当座 137078

振込先 : ブリスワークアウト

記号番号 : 00860-4-137078

*手数料についてはご自身負担となります。ご了承ください。



お支払い確認後、ご予約確定となります。 協会より領収書発行→教材のシェアとなります。



-院内の待合室でハンドケアを-



〜来院数上昇のお手伝い〜

・病院内での待合時間を有意義に過ごしていただくためのサービスとして 。

・このサービスがあることによって新規のお客様の増加につながる。 ・患者様に継続して病院に通って頂けるようになる。

・患者様のお声を聞くことにより、病院側に何を求めているのかを把握し、改善につなげることができる。


-企業内でランチタイムや勤務終了後にリラックスを-



〜健康な体と心で仕事効率化〜

・会社内でのリラクゼーションサービスとして。

・パソコンなどで疲れたからだを癒す。

・疲れを取ることで仕事がスムーズに。

・ストレスを軽減し良好な健康状態で仕事に専念することができる。

・ハンドケアを通し(会社の社員同士が行う場合)会社内で良い人間関係が生まれやすい。




-シニアホームや訪問介護でのタッチケアとして-


〜利用者様への和みの場として〜

・人の肌に触れることで優しさを感じ安らぎを得ることができる。

・手のツボを刺激することで脳が刺激されアルツハイマー予防への効果が期待ができる。

・ハンドケアを通し(利用者さん同士が行う場合)ホーム内で良い人間関係が生まれやす。




-自宅ホームケアホームとして-



〜愛する人々への癒しの空間作りとして〜

・家族同士のコミュニケーションツールとして(子供達にも可)。

・自宅での介護ケアの一環として。

・マッサージで健康不良を改善し生活を豊かにする。




-災害時の緊急体制の中で行う緩和ケアとして-


・災害時などでの人々へのマッサージボランティアとして 。

・何も道具を必要とすることのない呼吸法とマッサージでいつでも人々を癒すことができる。


現在行っている院内ケアでの患者様からのお声を掲載しています。 https://www.blissworkout.jp/post/やさしさのご褒美







 

質問等ございましたら当ウェブサイトコンタクトよりご連絡ください。


主催

日本予防医学ボデイケア協会

ブリスワークアウト代表 ななか あばよみ



愛を込めて


Comentários


bottom of page